オフィス検索
坪 ~ 
フリーダイヤル
0800-888-2772

オフィスに観葉植物を置く視覚的な面以外の効果とは?

カテゴリ物件情報・設備 2018/08/02

オフィスに観葉植物を置くことは、見た目の美しさだけではなく、オフィスで働く人にとっても重要な役割があります。ここでは、観葉植物を置くメリットにはどのようなものがあるか、また、オフィスの場所によって最適な植物の選び方、長持ちさせるポイントなどについて紹介します。ぜひ参考にしてください。

  1. オフィスに観葉植物を置くメリットとは?
  2. 場所別、観葉植物の選び方
  3. 観葉植物を長持ちさせるコツ
  4. まずは小さなものから取り入れてみよう

 

オフィスに観葉植物を置くメリットとは?

 

空気清浄・調湿効果
オフィスに観葉植物を置くことで、空気をきれいに浄化してくれる作用湿度を快適な状態にコントロールしてくれる作用が期待できます。

例えば、オフィスのクロス壁や木質系の収納棚の素材などからでてくるホルムアルデヒドは、常に空気中に発散されています。「臭い」として確実に気が付くレベルではないものの、微量の粒子が浮遊していることは間違いありません。このような物質を観葉植物が吸収したり、不快に感じる余分な湿気を吸収してくれるなど、植物はオフィス空間を快適にしてくれます。

 

生産性の向上
マイナスイオンが発生している場所へいくと、癒し効果があるとされています。例えば、植栽など緑が豊富で自然を感じられるところや、せせらぎの水の音が聞こえる場所、落差のある滝の近くなどはマイナスイオンが発生し、人間の体の交感神経に働きかけ、癒しの効果を生み出します。

そのため、オフィスに観葉植物を置くことで、マイナスイオンが発生し、癒し効果やリラックス効果が期待でき、業務での生産性向上につながります

目の疲労軽減
植物を置くことで、目の疲労回復に効果があります。ある実験結果では、本物の植物を置いたオフォスと、イミテーションの植物を置いたオフィス、何も置かないオフィスで、6時間の労働をしたあとの目の疲れを測定したところ、約3時間以上経過したころから変化が現れ、本物の植物を置いたオフィスでは、圧倒的に目の疲れが軽減されたという結果が明らかになっています。

また、植物ということだけではなく、緑色そのものにもリラックス効果があり、心や身体の疲れを癒し、疲れた目を休ませる効果もあります。

ひとり1台のパソコン使用が普通となっている今では、目の酷使は現実的な問題となっているため、観葉植物を置くことは大きなメリットとなるでしょう。

百年緑化.com『観葉植物の効果効用』より出典・参照
http://www.100nen-ryokka.com/utility_effect/

 

ストレス軽減
マイナスイオンが発生していることは、ストレスを軽減することにも繋がります。観葉植物を置くことで、毎日のようにストレスを感じるオフィス環境においても、緑を感じるこころのゆとりが生まれるかもしれません。

APEGO『【オフィス編】観葉植物を置く3つのメリットをご紹介』より出典・参照
https://www.apego.jp/contents/house-plants-interior/1148.html

おかんの給湯室『癒し効果でリフレッシュ!オフィスに最適な観葉植物の選び方』より出典・参照
https://okan-media.jp/2017/08/30/useful-kanyoushokubutsu/

 

 

場所別、観葉植物の選び方

観葉植物_場所別

エントランス
オフィスの第一印象は、エントランスの雰囲気で決まるといっても過言ではありません。そのため、エントランスに置く観葉植物は、大き目のものがおすすめです。また、おしゃれなオフィスを印象付けるためには、植物を植えておく「鉢のデザイン」も非常に重要なポイントとなるでしょう。葉っぱに付いたホコリをこまめにお手入れできることも大切です。

【おすすめ観葉植物】
・オーガスタ
・モンステラ
・コンシンネ
・アルテシーマ
など

また、雰囲気を一瞬にして和にしてしまうためあまり見かけませんが、竹をオフィスに置いている企業もあります。

竹は成長速度が早いイメージがあり、一見オフィスに置くには不向きと思われるかもしれませんが、観葉植物用の竹は成長速度が緩やかで、虫もつきにくいため手入れも簡単です。寒さにも強く、0℃を下回らなければ越冬も可能です。

 

デスク
デスクまわりでは、気軽に置いて置けるコンパクトな鉢の観葉植物がよいでしょう。仕事をしながらでも緑が目に入るだけで、心地よさを感じることができます。長持ちさせるためには、パソコンなど熱が発生する箇所に近づけすぎないように気を付けましょう。

【おすすめ観葉植物】
・ポトス
・アイビー
・テーブルヤシ
・サボテンなどの多肉植物
など

 

会議室・打ち合わせスペース
来客が見る機会が多い会議室や打ち合わせスペースは、相手方にリラックスしてもらうためにも、たくさん植物をおきたい場所でもあります。少し背丈のあるものや、中程度の背丈のものを連続で置くなど工夫しましょう。着座した時に、自然と緑が目に入る高さに配置することもポイントになります。ワークスペースとの目隠しとして使えるレイアウトもおすすめです。

【おすすめ観葉植物】
・ドラセナ・カンボジアーナ
・ホンコンカポックフイリ
・ベンジャミン
・モンステラ
など

 

ワークスペース
ワークスペースでは、スタッフの行き来が多い場所に、邪魔にならない配置で置くことが理想的です。行き来が多い場所にする理由は、常に目に入りやすい場所に置くためです。また、植物があることで、通路が遮られてしまうと、逆にストレスになってしまうため、選ぶ植物は、横幅がそれほど広がりにくく、また触れると簡単に葉が落ちてしまわない丈夫なものがよいでしょう。

【おすすめ観葉植物】
・ベンジャミン
・ホンコンカポックフイリ
・パキラ
・ユッカ
など

 

 

 

観葉植物を長持ちさせるコツ

観葉植物_場所別選び方

乾燥に強いものを選ぶ
オフィスはエアコンなどの空調を運転していることで、思っている以上に乾燥しています。また、パソコンやコピー機などのOA機器から発せられる熱で、常に温度が高い環境になっています。

オフィス用の観葉植物を選ぶ際には、乾燥に強いものを選定するようにしましょう。水分を多く好む植物は、あっという間に葉が落ちてしまいかねません。

 

日光
観葉植物を置く場所は、日当たりがよいことが理想的です。直射日光が必要ということではなく、カーテン越しに柔らかな光が差し込むような場所に置きましょう。あまりに強い日差しは、葉焼けを起こすこともあります。

また、全く日光が当たらない場所は、出来るだけ避けましょう。光合成ができないため、育成に影響がでることがあります。

 

通気性
植物は、風の通りが良い場所に置くようにします。植物は湿気のたまる場所に置くと、土が適度に乾くことができず、根腐れを起こすことがあります。植物を連続しておく場合には、適度に間隔を開けて配置するなど注意するようにしましょう。また、葉っぱにホコリが付着していると、植物の呼吸を妨げてしまうため、定期的にホコリを取り除きましょう。

 

水やり
植物が長持ちしない原因として多いのが、水やりのタイミングです。オフィスの場合、乾燥しているという先入観から、季節に関係なく毎日水やりをしてしまう例がありますが、実際には、水がたくさん必要とする植物、水が少ないことを好む植物と、それぞれに特徴があります。そのため、樹種によっての最適な水やりを確認しておくことをおすすめします。 

また、水やりなどの管理が必要ないイミテーションもあるため、水やりや温度などの管理を一切せずにオフィス内に緑を取り入れたい場合はこちらがおすすめです。

イミテーションは直訳すると模造品を意味し、観葉植物においてはフェイクグリーンと呼ばれることもあります。葉や幹など全てがプラスチックや布で作られており、ホコリを拭き取る以外の管理の必要がなく、虫が湧く心配もないため注目を集めています。見た目に置いてはやはり本物には及ばないものの、鉢に入れて置くだけではなく、壁一面を飾ることができたりなど活用の幅は広いです。

 

根腐れ
植物の葉が落ち始めたり、色合いが悪くなってきたりした場合は、根腐れになっていることがあります。根腐れの原因はいくつかあり、水のやりすぎや、鉢の中で根っこがあふれ、行き場がなくなり養分をとれなくなることもあります。

植物も日々成長していますので、元気がなくなってきたときには、根の状態も確認し、大き目の鉢に植え替えるなどの対処をしましょう。

 

まとめ

緑の多いオフィスは、それだけで清々しい印象があります。マイナスイオンの発生によるリラックス効果や空気の浄化など、オフィス空間を快適にしてくれるポイントとなりますので、まずは小さなものから取り入れていきましょう。

 

関連コラムのご紹介

Runway移転のシカタではこの他にもオフィス移転に必要な知識や心構え、コスト削減方法などをご紹介しております。

オフィス移転が初めての方も久々の方も、ぜひこの機会に御覧ください!

 



Runwayでは現在オフィス移転がはじめての方にオフィス移転基礎編ハンドブックを無料プレゼント中です!
今回の内容も図解でわかりやすくし、チェックポイントもまとめて掲載しております。