オフィス検索
坪 ~ 
フリーダイヤル
0800-888-2772

広さについて知る

カテゴリ基礎知識 2017/10/01

オフィス移転契約では、賃料と共益費が発生します。物件情報を確認する時に、これらの店方に注意し、正しい家賃で比較検討できるようにしましょう。

 

  1. 坪ってどのぐらい?
  2. グロス面積とネット面積の違い
  3. 適切な広さってどのくらい?
  4. 理想を測ろう!オフィスメジャー

     

坪ってどのぐらい?

1坪=3.3058㎡=2畳分
1㎡=0.325坪

グロス面積とネット面積の違い

グロス面積とは

契約面積にトイレや給湯室、廊下、エレベータホールなどを含んだ面積

ネット面積とは

トイレや給湯室、廊下、エレベータホールなど共用部を除くテナントが占有出来るスペースの面積

 

 

 

適切な広さってどのぐらい?

執務スペースの他、会議室や応接室、リフレッシュルームなどを含めて、社員1人に対して3~4坪程と言われています。ただし、あくまでも目安であり、業種/業務内容などによって大きく変化します。
来客が多い、フリーアドレス制を導入している、サーバルームがある、セミナーを毎月実施している、全社会議を社内でできるようにしたい、24時間体制なので仮眠室がほしい…など、事業内容によって各スペースの比率も変わってきます。
まずは、今座っている机と椅子のサイズを測り、以下の目安表と比較してみてください。
現在の執務スペース、会議室・受付、リフレッシュスペースなどの比率を算出し、会社にとって必要な面積を割り出すことが可能です。

執務スペースの目安表

リフレッシュスペースや、会議室の目安

 

 

 

理想を測ろう!オフィスメジャー

Runwayにはオフィス移転を検討する皆様が簡単に坪数をイメージできるように、今のオフィスが自分たちに適した大きさなのか、理想のオフィスサイズはどのぐらいなのか?簡単に調べることができるオフィスメジャーをご用意いたしました。
使用する人数を入力し、目の前の机のサイズ、会議スペースなど選択すると坪数が簡単に計算できます。

 

関連コラムのご紹介

Runway移転のシカタではこの他にもオフィス移転に必要な知識や心構え、コスト削減方法などをご紹介しております。

オフィス移転が初めての方も久々の方も、ぜひこの機会に御覧ください!

オフィスの「契約」について知ろう!2つの契約形態とは?
初めてでも安心 オフィス移転時のチェックポイントをまとめた資料はこちら
オフィス移転時の初期費用の出し方とコスト削減方法をご紹介

 



Runwayでは現在オフィス移転がはじめての方にオフィス移転基礎編ハンドブックを無料プレゼント中です!
今回の内容も図解でわかりやすくし、チェックポイントもまとめて掲載しております。