オフィス検索
坪 ~ 
フリーダイヤル
0800-888-2772

オフィスのレイアウト作成が楽しく捗る!フリーソフト6選

カテゴリ引越し・社内向け 2018/05/10

機能的なオフィスは働く人の意欲や想像力を上げ、生産性を高めるだけでなく、採用にも効果があるという理由から、オフィスデザインに力を入れる企業が増えています。より効果的な空間を作るためには、まず企業が求める働き方やコミュニケーションのイメージを社内で共有し、その内容をできるだけ正確にデザイン会社に伝えることが理想のオフィスへの第一歩です。

今回は、専門知識がなくても使えるオフィスレイアウトソフトをご紹介しながら、選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

 

 

オフィスレイアウトソフトのチェックポイント

初めての方でも簡単にオフィスレイアウトを作成するためには選ぶポイントを知る事が大切です。まずは、使いやすいソフトを見つけるためのポイントを抑えながら、環境に合ったものを選んでみましょう。

 

操作のしやすさ

オフィスレイアウトソフトに限らず、操作のしやすさはソフト選びの重要ポイントです。
直感的に扱えるソフトであれば、操作に戸惑う事なく、簡単にオフィスレイアウトを作成出来るでしょう。
様々なソフトを試しながら、自分にあったソフトを見てみましょう。

 

パーツ・テンプレートの豊富さ

オフィスレイアウトソフトにはデスクやチェア、壁といった、レイアウト作成に役立つパーツやテンプレートがあらかじめ用意されています。漠然としたイメージを固めるためにはこういったパーツが豊富なソフトから始めてみるのも良いでしょう。受付や会議室などの場所を決め、デスクやチェアを配置していくことで、より鮮明なオフィスレイアウトを作成出来るでしょう。

 

3D表示機能はあると便利だが必須ではない?

平面図では具体的にイメージしにくい「高さ」を、立体的に表現できるのが3D表示機能です。3D化することで、オフィス家具の高さによる圧迫感などの具体的なイメージが把握できるのでとても便利です。ただ、3D表示機能がないからと言ってレイアウトそのものが出来ないわけではありません。社内でイメージを共有したり、デザイン会社に渡すためのものであれば、平面図でも十分です。

 

有料ソフトと無料ソフトの差は?

オフィスレイアウトソフトには無料で使用できるものと有料のものがありますが、具体的な違いとはどの様なものなのでしょうか。
無料ソフトに対して有料ソフトが優れている点は、主に3つあります。

・レイアウト作成機能
・共有機能
・サポート体制

有料ソフトは感覚的な操作で図面作成ができたり、床材や壁紙、オフィス家具といったレイアウト作成に役立つパーツが豊富だったりと、レイアウト作成をスムーズに行うことができます。上述の3D機能が備わっているものも多くあります。

また、社内の複数メンバーで図面を編集、確認することができる共有機能が備わっているのも特徴です。操作がわからなくなってしまった場合にサポート体制が確立されているものもあります。ただし、社内のメンバーや業者の担当者とイメージを共有するためのレイアウト図を作るという目的であれば、フリーソフトでも十分役割を果たすことができます。漠然としたイメージを形にすることで口頭よりも正確に社内で共有出来るでしょう。オフィスレイアウトの作成をフリーソフトで行っている企業も少なくありません。

 

オフィスレイアウトソフトのご紹介

ここでは、オフィスレイアウトを作成できるフリーソフトをご紹介いたします。
ダウンロードして使うものやオンラインで使うもの、ExcelやPowerPointを使うものなどを集めましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

せっけい倶楽部
http://www.houtec.co.jp/club/index.htm

せっけい倶楽部は、オフィスレイアウトと外観が作成出来るフリーソフトで、名前と住所を入力することでダウンロードできます。
部屋をパズルの1ピースと考えて間取りを配置していくもので、直感的に操作ができます。

運営企業:『株式会社ハウテック

 

Floorplanner
https://floorplanner.com/

Floorplannerは3D表示が可能なオンラインソフトで、作成されたデータは全てクラウドに保存されます。メールアドレスとパスワードを登録することで使用出来ます。ただし、無料版は保存できる図面が1枚だけなので注意しましょう。

運営企業:『Floorplanner

 

オフィスレスキュー119
https://www.119happy.com/ws/support/layout_template.html#zumen

オフィス家具の大型販売サイト「オフィスレスキュー119Happy」が提供している、簡易的なレイアウトが作れるExcelテンプレートです。あらかじめ用意されたオフィス家具をコピーして貼り付けるというシンプルな方法でレイアウトが作れます。

運営企業:『トミザワグループ

 

Cacoo
https://cacoo.com/ja/

Cacoo(カクー)はウェブブラウザ上でオフィスレイアウト図を作成することができるサービスです。オフィスレイアウトのテンプレートや図形が豊富に用意されており、マウスによる直感的な操作で図面作成が可能です。また、リアルタイムでのチームとの共同作業が可能なため、チーム全体のアイデアを反映させることもでき、作業効率アップも期待できます。

運営企業:『株式会社ヌーラボ

 

社内レイアウト作成シート

社内レイアウト作成シートは、オフィスレイアウトをPowerPointで作成するテンプレートです。PowerPointの、数値入力でパーツや家具のサイズを編集できるという特徴を活かしてレイアウト図を作成出来ます。

Digipot ビジネス資料制作素材提供サイト
『社内レイアウトをパワーポイントで作成』より(URL:http://www.digipot.net/?p=1039

 

必要になるオフィスの広さ

オフィスレイアウトソフトが決まり、レイアウトの作成を始めた時、実際のオフィスにはどれくらいの広さが必要になるのでしょうか。まずは、オフィスメジャーを使用して会議室や座席の数から必要になる広さを求めてみましょう。

オフィスメジャーを開く

 

最後に

オフィスレイアウトソフトは、移転といった大々的なプロジェクトだけでなく、増床や人員配置の変更など、一部を変更する際にも重宝します。
近年では、生産性や人員確保のためにオフィスのデザインを意識している企業が増加し、それに伴いオフィスの内装の重要性は高くなっています。予めいくつかのソフトに触れておき、今の環境に合ったソフトを見極めておくことで、様々なアイデアを固める事ができるでしょう。こちらの記事を参考にして、理想のオフィスを組み立ててみましょう。

 

関連コラムのご紹介

Runway移転のシカタではこの他にもオフィス移転に必要な知識や心構え、コスト削減方法などをご紹介しております。

オフィス移転が初めての方も久々の方も、ぜひこの機会に御覧ください!

社内コミュニケーションの密度向上が移転成功の鍵!

オフィス移転が”初めてご担当者様”にお届け!

オフィス移転にかかる初期費用はどれくらい?費用削減方法とは!?

 



Runwayでは現在オフィス移転がはじめての方にオフィス移転基礎編ハンドブックを無料プレゼント中です!
今回の内容も図解でわかりやすくし、チェックポイントもまとめて掲載しております。