オフィス検索
坪 ~ 
フリーダイヤル
0800-888-2772

内装について

原状回復工事の交渉

オフィスを自社に合わせた仕様に内装を変更した場合、内装を借りた当初の状態に戻し退去するのが一般的です。この工事の事を原状回復工事といいます。簡単に言うと、契約時の状態に戻すことです。 費用は内装にもよりますが、坪当たり2~6万円程かかります。指定業者がいる場合がありますので、高額な見積もりが出てきた際は、合い見積もりを取るなどして費用を交渉する事も可能です。

ビル指定のカーペットが敷いてありますが、内装のイメージと合わず、別のカーペットに変更しました。退去の際、カーペットが不要になったのでそのまま残していく事にしました。
これはYes、Noどちらでしょうか。

  • Yes
  • No
正解です!

原状回復は入居時と何ら変わらない状態にしなければなりません。
よって、いくらカーペットがキレイだからといっても、ビル指定のカーペットに変更しなければなりません。

残念!

原状回復は入居時と何ら変わらない状態にしなければなりません。
よって、いくらカーペットがキレイだからといっても、ビル指定のカーペットに変更しなければなりません。

 

居抜きについて

前入居者の家具や間仕切り壁などをそのままの状態の物件です。 居抜きにチャレンジしたい方はこちら

居抜き物件を探す

オフィス移転にかかる内装工事費用の相場は、坪当たり8万円~20万円ほどかかるといわれていますのでコスト削減にはなりますが、不要なものも引き継がなければならないので前入居者との交渉が必要になります。また、譲渡されるものが残されていないなどのトラブルも発生しますので、譲渡契約書を作成し、書面に残すことが必要となります。

居抜き物件の募集

ビルオーナーの承諾が必要ですが、次の入居者がうまく契約成立すれば、原状回復費用を抑えることができます。また、原状回復に時間がかからない分だけ移転の直前まで現オフィスを利用できるというメリットもあり、重複して家賃を払う期間も最小限で済みます。ただし、居抜き募集をしても、契約終了までに次の入居者が見つからない場合は、原状回復工事をする必要があります。そのため募集期間が限られることになるので、なるべく早めにオーナーの承諾を得る必要があります。

自社のホームページで居抜き募集をし、ビルオーナーに確認せず、次のテナントと話を進めてしまいました。
これはYes、Noどちらでしょうか。

  • Yes
  • No
正解です!

契約書にはほとんどの場合、原状回復義務の記載があります。ビルオーナーに了承を得られなければ話がついていても、居抜きでの引き渡しは出来ないので事前にビルオーナーの了解が必要となります。

残念!

契約書にはほとんどの場合、原状回復義務の記載があります。ビルオーナーに了承を得られなければ話がついていても、居抜きでの引き渡しは出来ないので事前にビルオーナーの了解が必要となります。

 

工事区分について

工事区分は一般的にA工事・B工事・C工事にわけられ、工事費用の負担先と業者の決定権を定義つけした内容です。

  工事負担 施工業者 施工例
A工事 貸主 貸主側が指定する業者 ビルの躯体工事、共用部等
B工事 借主 貸主側が指定する業者 設備工事、原状回復工事等
C工事 借主 借主側が指定する業者 専有部の内装等

A工事
貸主が費用負担して貸主指定の工事業者に発注する工事の事で、主にビルの躯体や廊下・トイレ・エレベーター等の共用部が対象となります。

B工事
借主が費用負担して貸主指定の工事業者に発注する工事の事で、専有部分の空調、電気、照明、防災などの設備工事が対象となります。

C工事
借主が費用負担して借主指定の工事業者に発注する工事の事で、専有部分の電源、電話、LANケーブルなどの配線工事や内装工事等が対象となります。

 

B工事の費用が高かったので知り合いの業者に作業依頼をした。
Yes、Noどちらでしょうか。

  • Yes
  • No
正解です!

B工事は貸主指定の工事業者に発注する工事なので借主が選定する事は出来ない。
また、費用のコントロールが出来ない部分なのでしっかり確認する必要があります。

残念!

B工事は貸主指定の工事業者に発注する工事なので借主が選定する事は出来ない。
また、費用のコントロールが出来ない部分なのでしっかり確認する必要があります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加