オフィス検索
坪 ~ 
フリーダイヤル
0800-888-2772

レイアウトや移転手続きについて

レイアウト変更・分室について

仕事の効率を考えてレイアウトを決定しますが、人員増や部署変更などで入居当初から変更しなければならない状況もやってきます。レイアウトのパターンは対抗式、同方式、左右対方向式、背面式、クロス型、ベンゼル型、フリーアドレスとあり、それぞれ特徴があるので業務内容やオフィスの形や広さを加味し、検討しましょう。変更内容によってオーナーへの許可や申請が必要になりますので事前に確認をした方が良いです。

また、人員増員でオフィスが手狭になった際、移転や増床が厳しい場合、分室を設ける手段もあります。分室とは企業の一部を分けた設けたオフィスになります。

人員が増加した為、間仕切りの変更をし、会議室を縮小しました。念の為、オーナーに申請し、業者に依頼し、変更の手続きを行いました。
Yes、Noどちらでしょうか。

  • Yes
  • No
正解です!

間仕切りの設置は「消防署への届け出」が必要となります。専門の業者に確認し、オーナー許可をとる必要があります。

残念!

間仕切りの設置は「消防署への届け出」が必要となります。専門の業者に確認し、オーナー許可をとる必要があります。

 

移転に伴う手続き

官公庁に手続きの書類を提出は多岐に渡ります。

・法務局 ・税務署 ・都道府県税事務所 ・社会保険事務所 
・公共職業安定所 ・労働基準監督署 ・消防署 ・郵便局 ・警察署 ・NTT など…

その他、取引先や関係各所への移転のお知らせもありますので、チェックリストやスケジュールを作成し、抜けがないようにしましょう。

官公庁に手続きの書類を提出はいつ提出しても問題ない。

  • Yes
  • No
正解です!

5日以内に年金事務所などに対して「適用事業所所在地・名称変更届」の提出、10日以内に労働基準監督署に提出する「労働保険概算・増加概算・確定保険料申告書労働保険関係成立届」と公共職業安定所に提出する「雇用保険事業主事業所各種変更届」、本店を移転する場合は、原則として移転後2週間以内に法務局への本店移転登記、支店移転については原則3週間以内に移転登記が必要となります。
さらに1カ月以内には、税務署に対して「給与支払い事務所の開設・移転・廃止届出書」を提出と、期間が定めたられています。

残念!

5日以内に年金事務所などに対して「適用事業所所在地・名称変更届」の提出、10日以内に労働基準監督署に提出する「労働保険概算・増加概算・確定保険料申告書労働保険関係成立届」と公共職業安定所に提出する「雇用保険事業主事業所各種変更届」、本店を移転する場合は、原則として移転後2週間以内に法務局への本店移転登記、支店移転については原則3週間以内に移転登記が必要となります。
さらに1カ月以内には、税務署に対して「給与支払い事務所の開設・移転・廃止届出書」を提出と、期間が定めたられています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加